当サイトではナビゲーションの一部でJavaScriptを使用しています。JavaScriptを使用可能にするか、JavaScript対応のブラウザで閲覧してください。


NHK放送受信契約・放送受信料についてのご案内


放送受信契約の種類

テレビ(地上)を設置された方は「地上契約」、衛星放送を受信できる場合は「衛星契約」を結んでいただきます。

このほか、自然の地形による難視聴地域または電車などにおいて衛星放送のみを受信できる場合の「特別契約」があります。
地上デジタル放送も「地上契約」で、BSデジタル放送も「衛星契約」でお楽しみいただけます。「地上契約」を結ばれている方が、衛星放送を受信できるようになった場合、「衛星契約」への変更の手続きをしていただきます。

放送受信契約の単位

放送受信契約は世帯ごとに結んでいただきます。

「世帯」とは、「住居」と「生計」をともにする方々の集まり、または、独立して「住居」もしくは「生計」を維持する単身の方をいいます。

ひとつの住居に複数台テレビがあっても、受信契約はひとつで構いません。

自家用車にテレビがあっても、住居の一部とみなします。
一世帯でマンションなどの複数の部屋をお持ちの場合も、同じ棟であればひとつの住居とみなします。

イメージイラスト

ただし、住居が複数ある場合は、住居ごとに放送受信契約が必要です。

親元を離れて暮らす学生や、単身赴任の方も、独立して「住居」を維持していますので、それぞれに放送受信契約が必要です。なお、これらの場合、家族割引が適用されるケースがあります。
いわゆる「二世帯住宅」も、生計をともにしていなければ、それぞれの世帯に放送受信契約が必要です。

事業所など、住居以外の場所に設置するテレビは、設置場所(部屋や自動車)ごとに放送受信契約が必要です。

ホールや広大なオフィスなど、通常の部屋の範囲を超える大きさの場合は、部屋に準ずる一定の区域ごとに放送受信契約が必要です。
住居に接続した小規模な理髪店・飲食店・工場・事務所などでは、世帯に放送受信契約があれば、これとは別の契約は不要です。

*平成21年2月1日より事業所割引を導入しました。

放送受信契約書

放送受信契約はインターネットを通じて「受信料の窓口」からお手続きいただくか、「放送受信契約書」を記入してNHKに提出してください。

住所や氏名を変更されたときもNHKへお届けをお願いします。相続などにより契約者名義が変わったときもお届けください。

戻る
次へ

閉じる
QRコード

NHK携帯サイトからもご利用いただけます。
メニュー > TV > NHK > 受信料の窓口
・iモード ・EZWeb ・Yahoo!ケータイ

ご不明な場合は、フリーダイヤルへどうぞ

0120-151515

午前9時~午後8時(土・日・祝日も受付)
なお、12月30日午後5時から1月3日まではご利用いただけません。

IP電話・光電話やマイライン等をご利用でフリーダイヤルがつながらない場合は
050-3786-5003(有料)(午前9時~午後8時。土・日・祝日も受付。)をご利用ください。


Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation).All rights reserved.
許可なく転載することを禁じます。このページは受信料で制作しています。