NHKオンライン > イベント・インフォメーション > 茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術(京都会場)
文字サイズの変更小中大

茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術(京都会場)

開催中

ロゴスペース

16世紀後半、樂家の祖長次郎によって始められ、日本の陶芸の中でも他に類例を見ない独特の美的世界を作り上げてきた樂焼。以来450年間にわたり、常に茶の湯との強い結びつきの中で焼き継がれ、日本陶芸史における重要な役割を果たしてきました。その一子相伝により継承されてきた樂焼の歴代作品に17世紀初頭の芸術家・本阿弥光悦等の作品を含め、樂焼の美的精神世界を通観し、その極めて日本的な深い精神文化を紹介します。


2016年12月2日


会期 平成28年12月17日(土)~平成29年2月12日(日)
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日、年末年始(12月28日~1月2日)、1月10日(火)
※ただし、1月9日(月・祝)は開館。年始は1月3日(火)から開館。
会場 京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町)
主催 京都国立近代美術館、東京国立近代美術館、NHK京都放送局
NHKプラネット近畿、京都新聞、日本経済新聞社
後援 京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会
協賛 日本写真印刷
特別協力 樂美術館、国際交流基金
観覧料 一般1,400円(1,200円)/大学生1,000円(800円)/高校生500円(300円)
※( )内は前売り/団体は20名以上
※中学生以下、心身に障がいがある方とその付添者は無料(要証明)
※前売券は10月15日(土)から12月16日(金)まで販売
主な出品作品 吹馬 長次郎

(左)15代 樂吉左衛門 焼貫黒樂茶碗 銘 吹馬 平成5年(1993年) 樂美術館 蔵
(右)初代 長次郎 黒樂茶碗 銘 大黒 【重要文化財】 桃山時代(16世紀) 個人 蔵
問合せ ・テレホンサービス(展覧会のご案内)
 電話:075-761-9900
・展覧会公式サイト
 http://raku2016-17.jp/
戻る


イベントお知らせメールの登録はこちら!