NHKオンライン > イベント・インフォメーション > 没後200年 特別展 大名茶人・松平不昧
文字サイズの変更小中大

没後200年 特別展 大名茶人・松平不昧

開催中

ロゴスペース

今年は松江7代藩主・松平不昧(1751~1818)の没後200年にあたります。不昧は、松江藩主として治世にあたるとともに、文化的な活動を介して広い人脈を築き、とりわけ茶の湯には造詣が深く、江戸時代後期を代表する大名茶人として大きな足跡を残しました。
不昧の蒐集した美術品や茶道具には、古くから名物、名器と評されてきたものが多く、不昧が蒐集した茶道具の目録帳「雲州蔵帳」での分類・評価は、後世の美的価値の基準とされてきました。
本展では、これら不昧ゆかりの作品を一堂に展示し、優れた審美眼によって培われた不昧の茶の湯を通して、江戸時代後期の日本人の美意識と不昧独特の創意の世界を紹介します。


2018年4月5日


会期 平成30年4月21日(土)~6月17日(日)
会場 三井記念美術館(東京都中央区日本橋室町2-1-1)
主催 三井記念美術館、NHK、NHKプロモーション
展示内容 出品作品数 約130点

第1章 不昧が愛蔵した名品
第2章 茶の湯を極める ―大名茶人の誕生
第3章 プロデューサーとしての不昧 ―洗練を極めたお好み道具
問合せ ハローダイヤル 03-5777-8600 午前8時~午後10時(無休)

詳しくはこちら
戻る


イベントお知らせメールの登録はこちら!