NHKオンライン > イベント・インフォメーション > 特別展「京(みやこ)のかたな―匠のわざと雅のこころ―」
文字サイズの変更小中大

特別展「京(みやこ)のかたな―匠のわざと雅のこころ―」

ロゴスペース

王城の地・京都では、平安時代から近代に至るまで多くの刀工が工房を構え、数多の名刀を生み出してきました。本展では、現存する京都=山城系鍛冶の作品のうち、国宝指定作品のほぼすべてと、著名刀工の代表作を中心に展示し、平安時代から平成に至る山城鍛冶の技術系譜と刀剣文化に与えた影響を探ります。また、各時代の刀工たちが、地域社会でどのような環境のもと創作活動を行ったかを、刀工たちの地位向上にかかわった後鳥羽上皇ゆかりの品や、公家や武家の肖像画や肖像彫刻にあらわされている武装などを展示し紹介します。京都国立博物館120年で初めて、本格的に刀剣を紹介する展覧会となります。


2018年5月11日



京のかたな

会期 2018年9月29日(土)~11月25日(日)
休館日:月曜日。ただし10月8日(月・祝)は開館。翌9日(火)休館
開館時間:午前9時30分~午後6時
※金・土曜日は午後8時まで。入館は閉館の30分前まで
会場 京都国立博物館 平成知新館(京都市東山区)
主催 京都国立博物館、読売新聞社、NHK京都放送局、NHKプラネット近畿
展示内容 出品作品
 国宝 太刀 銘 則国    京都国立博物館
 国宝 太刀 銘 来国光   九州国立博物館
 重要文化財  太刀 菊御作 京都国立博物館
 など約200点
公式サイト 特別展 京のかたな 匠のわざと雅のこころ
※クリックするとNHKサイトを離れます
問合せ テレホンサービス
 075-525-2473
戻る


イベントお知らせメールの登録はこちら!