NHKオンライン > イベント・インフォメーション > 「没後50年 藤田嗣治展」東京展
文字サイズの変更小中大

「没後50年 藤田嗣治展」東京展

開催中

ロゴスペース

明治半ばの日本で生まれ、80年を超える人生の約半分をフランスで暮らし、晩年にはフランス国籍を取得して欧州の土となった画家・藤田嗣治(レオナール・フジタ、1886-1968)。2018年は、エコール・ド・パリの寵児のひとりである藤田が世を去って50年目にあたります。この節目に、日本はもとよりフランスを中心とした欧米の主要な美術館の協力を得て、画業の全貌を展覧する大回顧展を開催します。


2018年7月17日



「没後50年 藤田嗣治展」東京展

会期 平成30年7月31日(火)~10月8日(月・祝)
午前9時30分~午後5時30分
※会期中の金曜日は午後8時まで、
8月3日、10日、17日、24日、31日は午後9時まで
(入室は閉室の30分前まで)
休室日 月曜日、9月18日(火)、25日(火)
※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、
10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
会場 東京都美術館(東京・上野公園)
主催 東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、朝日新聞社、
NHK、NHKプロモーション
展示内容 《カフェ》 1949年  ポンピドゥー・センター(フランス・パリ)蔵
《エミリー・クレイン=シャドボーンの肖像》 1922年 シカゴ美術館(アメリカ)蔵
《タピスリーの裸婦》 1923年 京都国立近代美術館蔵    他
問合せ ハローダイヤル 03-5777-8600 午前8時~午後10時(無休)

詳しくはこちら
戻る


イベントお知らせメールの登録はこちら!