NHKオンライン > イベント・インフォメーション > 国立西洋美術館開館60周年記念「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ-ピュリスムの時代」
文字サイズの変更小中大

国立西洋美術館開館60周年記念
「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ-ピュリスムの時代」

ロゴスペース

近代建築の巨匠ル・コルビュジエ(1887―1965)の設計により1959年6月に開館した国立西洋美術館本館は、2016年「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献」のひとつとしてユネスコ世界文化遺産に登録されました。本展はル・コルビュジエと彼の友人たちの美術作品と共に、ル・コルビュジエが世に出た時代の精神を、彼自身が作り出した建築の中で体感できるまたとない機会です。


2018年11月27日


会期・時間 2019年2月19日(火)~5月19日(日)
午前9時30分~午後5時30分(※毎週金曜日・土曜日は午後8時まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜日(ただし3月25日、4月29日、5月6日は開館)5月7日(火)
会場 国立西洋美術館 本館(東京・上野)
主催 国立西洋美術館、ル・コルビュジエ財団、東京新聞、NHK
展示内容 20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエは、絵画、彫刻、タピスリーなど幅広い分野で活躍したアーティストでもありました。本展では、ル・コルビュジエと彼の友人であるパブロ・ピカソ、ジョルジュ・ブラックなどの美術作品約100点と、建築模型、出版物映像などの資料を、ル・コルビュジエの作品である美術館建築の中で紹介します。
作品
問合せ ハローダイヤル 03-5777-8600 午前8時~午後10時(無休)

詳しくはこちら※クリックするとNHKサイトを離れます
戻る


イベントお知らせメールの登録はこちら!