【重要なお知らせ】「NHKネットクラブ」サービス終了のお知らせ
このたび2019年11月30日(土)をもちまして、すべてのサービスを終了させていただくこととなりました。 サービス終了に先立ち、2019年9月30日(月)23:00をもって新規会員登録の受付終了やイベントお知らせメールの配信停止など、一部のサービスを終了いたしました。 詳しくはこちらをご覧ください。
NHKオンライン > イベント・インフォメーション > 未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか
文字サイズの変更小中大

未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命
――人は明日どう生きるのか

ロゴスペース

本展は、これからのライフスタイルや近未来の人間像を考察するための展覧会です。AIやロボット技術により、私たち人間は労働から解放され、自由を謳歌するバラ色の未来を想像することもできますが、その一方で、人間がそれらのテクノロジーに支配され、隷属する未来像を提示し警鐘を鳴らす言説も存在します。さまざまな未来像を通して、どのような未来を作るべきなのか、みなさんと一緒に考えます。


2019年9月30日


会期 2019年11月19日(火)~2020年3月29日(日)
午前10時~午後10時(最終入館 午後9時30分)
※火曜日のみ午後5時まで(最終入館 午後4時30分)
※ただし11月19日(火)、12月31日(火)、2月11日(火・祝)は午後10時まで(最終入館 午後9時30分)
会場 森美術館
(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階)
主催 森美術館、NHK
内容 ◎現代美術だけじゃない!ジャンル横断型のテーマ展
本展では、現代美術のみならず、都市論や建築、デザインやプロダクト・イノベーション、バイオアートから映画、漫画まで、異色の展示物で構成します。

◎近未来の生活をイメージしたコーナーが登場
展示室内に近未来の生活をイメージしたコーナーを設け、私たちにとって身近な衣服や家具、照明や食物など、衣食住に関する作品やプロダクトを展示します。そう遠くない未来に私たちが暮らしを共にするかもしれない、利便性を追求しつつも環境を考慮した、想像力を刺激するアイテムやシステムを一足先に体験することができます。

◎アートの実験室「バイオ・アトリエ」を設置!
アーティストたちはバイオ技術を使い、アートの主題や表現をさらに拡張しようとしています。彼らの作品を集めた実験室のようなアトリエが展示室内に登場し、ゴッホが自分で切り落としたとされる左耳を現代のバイオ技術で再現した作品などを展示します。
画像
問合せ ハローダイヤル 03-5777-8600 午前8時~午後10時(無休)

詳しくはこちら ※クリックするとNHKサイトを離れます
戻る