NHKオンライン > 受信料の窓口トップ > 家族割引のお申込み

家族割引のお申込み

平成21年2月より「家族割引」の対象と割引率を拡大しました。
家族割引申込書をご提出いただき、適用要件を満たされている場合、「家族割引」を適用します。

動画による説明はこちら

同一生計で離れて暮すご家族や別荘などを対象に、受信料額の半額を割り引く制度です。

対象1
同一生計である複数の方がそれぞれの住居の放送受信契約を締結している場合。

*家族割引は住居に設置したテレビの受信契約が対象となります。

対象2
同一の放送受信契約者が複数の住居で、放送受信契約を締結している場合。

  • 同一の放送受信契約者が複数の放送受信契約を締結している場合、別の住居に設置した受信機の受信契約について、家族割引の適用を受けることなく放送受信料をお支払いであること。または、同一生計である複数の方がそれぞれ放送受信契約を締結している場合、別の住居に設置した受信機の受信契約について、家族割引の適用を受けることなく放送受信料をお支払いであること。
  • 割引元と割引先の放送受信料のお支払方法が、口座振替、クレジットカード継続払、継続振込のいずれかであること。
  • 割引元と割引先の放送受信料について、連続6期間以上お支払いがない状態にはないこと。

割引額は受信料額の50%

口座振替・クレジットカード継続払12か月前払の場合、衛星契約で    円、地上契約で    割引となります!

家族割引は同一生計で離れて暮らすご家族や別荘などを対象に、受信料額の半分を割り引く制度です。

  契約種別
支払方法
2か月払額 6か月前払額 12か月前払額
通常料額

衛星契約
〈地上契約含む〉

 

衛星放送を受信できる
テレビ等の場合

・口座振替
・クレジットカード継続支払
 クレジットカードでのお支払

              
・継続振込
 振込用紙でのお支払
              
家族割引

衛星契約
〈地上契約含む〉

 

衛星放送を受信できる
テレビ等の場合

・口座振替
・クレジットカード継続支払
 クレジットカードでのお支払

         

2か月払より    円 お得

    

2か月払より    円 お得

継続振込よりもお得

・継続振込
 振込用紙でのお支払
         

2か月払より    円 お得

    

2か月払より    円 お得

通常料額

地上契約

 

地上放送のみ受信できる
テレビ等の場合

・口座振替
・クレジットカード継続支払
 クレジットカードでのお支払

              
・継続振込
 振込用紙でのお支払
              
家族割引

地上契約

 

地上放送のみ受信できる
テレビ等の場合

・口座振替
・クレジットカード継続支払
 クレジットカードでのお支払

         

2か月払より    円 お得

    

2か月払より    円 お得

継続振込よりもお得

・継続振込
 振込用紙でのお支払
         

2か月払より    円 お得

    

2か月払より    円 お得

(料額には消費税を含みます)

平成26年3月までの放送受信料額

所定の申込書に必要事項をご記入の上、確認書類をご提出ください。

家族割引のお申し込みに際して、適用要件を満たしていることを確認させていただきます。
次の①~⑤のいずれかの書類をご提出ください。

  • ①親元/自宅等が受信料支払いに利用している口座と同じ「口座振替利用届」
  • ②親元/自宅等が受信料支払いに利用しているクレジットカード等と同じ「クレジットカード等継続払利用申込書」
  • ③学生証(学生の方に限ります)
  • ④健康保険証または社員証(単身赴任の方に限ります)
  • ⑤その他、同一生計が確認できる書類
  • ③~⑤の書類を郵送される場合はコピーをお送りください。

家族割引の規程について

なぜ、割引元(親元・自宅等)の契約支払が必要なのですか?
同一生計であっても、住居を別にする場合は、それぞれに受信契約をいただき、受信料をお支払いただくことになっています。 そのため「親元を離れて暮らす学生の方」や「単身赴任の方」など、ひとつの家庭で複数の契約が必要となり、受信料のご負担が大きくなるケースがあります。
「家族割」は、複数の契約が必要となる家庭の受信料負担を軽減するために、2つの契約分から受信料額の半分を割り引く制度です。 こうした主旨から、家族割引を受ける場合は、親元や自宅などにも契約支払があることが条件となります。
同一生計とは

同一生計とは、主たる生計者の所得で、生活に係る費用が賄われている状況言います。 勤務、修学等の都合上、他の家族と一緒に生活をしていない場合でも、常に生活費、学費、療養費等の送金が行われている場合は、同一生計となります。


(例)親元を離れて暮らす学生
仕事の都合で家族と離れて勤務先に赴任された方
こどもから生活費の送金を受けている父母 など

なぜ申込の際に確認書類が必要なの?
「家族割引」はひとつの家庭で複数の契約が必要になる場合、その2つ目の契約
分から受信料額の半額を割り引く制度です。
制度の適正な運用を行うため、「家族割引」の適用要件を満たしていることを確
認できる書類をご提出いただきます。
NHKでは、ご提出いただいた申込書と書類を確認した上で、割引を適用します。
Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation).All rights reserved.
許可なく転載することを禁じます。このページは受信料で制作しています。