NHK 受信料の窓口 インターネット営業センター

NHKオンライン > 受信料の窓口トップ > お支払いに関するQ&A

お支払いに関するQ&A


払込用紙での支払いはどこでできるのかうさじい

答え
  • お近くの金融機関、ゆうちょ銀行または郵便局、コンビニエンスストア等でお支払いいただけます
  • また、外出することなくご自宅等で、NHKのホームページからクレジットカードでのお支払い(詳しくはこちら)や「スマホ決済アプリ(詳しくはこちら)」でのお支払いも可能ですので、ぜひご利用ください。



払込手数料はかかるのか

答え
どーもくん
  • NHKよりお送りした払込用紙でお支払いいただく場合、払込手数料はNHKが負担します。



パソコンやスマートフォンで支払えるのか

答え
たーちゃん電話
  • NHKのホームページで、クレジットカードでのお支払いもできます。(詳しくはこちら)
  • また、ネットバンキングや「スマホ決済アプリ(詳しくはこちら)」「Yahoo!公金支払い(詳しくはこちら※NHKサイトを離れます)」もご利用可能です。



払込用紙をなくしてしまった。再発行してほしい

答え
たーちゃん電話
  • NHKふれあいセンターまでご連絡をお願いします。
    ナビダイヤル 0570-077-077
    受付時間:午前9時~午後6時(土・日・祝日も受付)
    12月30日午後5時~1月3日はご利用いただけません。



払込用紙での支払いから口座振替、クレジットカード継続払に変更することはできるのか

答えみかん
  • 次回のお支払いからお支払方法を変更することができます。
  • 「口座振替」「クレジットカード継続払」のほうが「継続振込」に比べて月額50円お得です。
  • お支払方法の変更はNHKのホームページでお手続きできます。(口座振替クレジットカード継続払)



「2か月払」と「6か月前払」「12か月前払」ではどちらか得なのか

答え
どーも君とうさじい
  • 「2か月払」に比べ、「6か月前払」「12か月前払」の方がお得です。この機会にぜひご利用ください。
  • 支払コースの変更はNHKのホームページでお手続きできます。(詳しくはこちら)



ずっと支払わないとどうなるのか

答えテレビ
  • 「支払わなくても大丈夫」「溜まってしまい支払いたくない」「見ていないのに支払う必要がない」、そうした方に受信料制度をご理解いただき、お支払いしていただくための活動を進めています。
  • それでもなお、ご理解が得られない場合、やむを得ず、裁判所を通じた法的手続きを実施しています。



受信料に時効はあるのか

答え
  • 受信料の消滅時効は5年になります。
    ※受信料のお支払いが滞っている分については、これまでどおり全額請求させていただき、時効の申し出があった場合には、時効を5年として取り扱います。


受信料の窓口トップに戻る